意外と知らないアレルギー 風邪かな? 実は冬はアレルギーの季節だった

冬の「くしゃみ」、「鼻水」と言ったら、ほとんどの方は風邪を連想されるでしょう。ですが、そこにはもうひとつの大きな可能性が潜んでいます。アレルギーです。気温が下がり、空気が乾燥する冬には、アレルギー症状を悪化させる危険がいっぱい。備えあれば憂(うれ)いなし。アレルギーケアの意識を高めて、いつもより快適な冬を過ごしませんか?

寒い冬はアレルギーの季節なのです

体調を崩しやすい冬のこの時期、「くしゃみが出る」、「鼻水が止まらない……」などの風邪に似た症状が今まさに出ている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ですが症状が似ているからといって、それを風邪と決めつけてしまうのは早過ぎるかもしれません。そのような症状は、実はアレルギーが原因となっている可能性があります。冬は、ハウスダストなどによってアレルギー性鼻炎が悪化しやすい季節なのです。
また、空気の乾燥によるアトピー性皮膚炎の悪化も見逃せませんし、スギ花粉症のつらいシーズンも年明けからいよいよ始まります。冬はまさにアレルギーの季節なのです。

冬のアレルギー性鼻炎の原因はなんと!?

ハウスダストなどによる通年性のアレルギー性鼻炎は冬にも注意が必要です。寒い冬の時期、あまり換気をしなかったり、部屋を閉め切った状態で暖房器具を使い続けたりしていませんか?換気をしないことで室内にハウスダストがたまり、部屋を閉め切った状態でエアコンやヒーターを使うことによってハウスダストが部屋中に舞い上がることになるのです。これは、アレルギー性鼻炎の方にとってよくない環境と言えるでしょう。

アトピー性皮膚炎も悪化しやすい

冬になり空気が乾燥していると、皮膚も乾燥してそのバリア機能が低下してしまいます。その結果、皮膚から水分が蒸発しやすくなり、一方で、外からの刺激には敏感になってしまうのです。もともと敏感なアトピー性皮膚炎の方の皮膚には、空気が乾燥した冬はありがたくない季節と言えそうですね。かゆみが出るとどうしてもそこを掻いてしまい、それがさらにアトピー性皮膚炎を悪化させるという悪循環も知られています。

そして迫りくるスギ花粉症……

スギ花粉症についてはもはや説明はいらないかもしれません。毎年、2~4月ごろに飛散のピークを迎えるスギ花粉は、たくさんの人たちにアレルギー症状、すなわちスギ花粉症をもたらします。2017年シーズンは、西日本を中心に、2016年シーズン以上のスギ花粉が飛散するところも多いと予想されています。
出典「日本気象協会ニュースリリース2016.10.06」

今年こそ、今から、スギ花粉症対策を始めませんか?

冬にアレルギー対策として自分でできること。

ここまでに、冬に注意したいアレルギー症状について紹介してきました。

【冬に注意したいアレルギー】
アレルギー性鼻炎
アトピー性皮膚炎
花粉症

それでは冬に注意したいアレルギーにはどのように対処すべきなのでしょうか? 何よりも、アレルギー対策の基本は、アレルギーのもと(アレルゲン)を遠ざけることです。アレルギー性鼻炎の場合は、エアコンやヒーターなど暖房器具の使用を開始する前に空気の吹き出し口だけでも掃除しておく、室内を密閉空間にしないように時々換気をし、部屋の中をこまめに掃除する、などが挙げられます。アトピー性皮膚炎には、肌の汚れと乾燥が大敵ですので、肌を清潔に保ちしっかり保湿し、お部屋を加湿することがよい方法です。スギ花粉症については、外出時のマスクの着用、帰宅時のうがい・手洗いなど、基本的な対策について準備しておくとよいでしょう。また、アレルギーは「免疫バランス」の崩れとも関係していますので、しっかりと睡眠をとって規則正しい生活を心掛けるなど、免疫バランスを整えることにも日ごろから気にとめておくことが大切です。

アレルギー症状の改善が期待される「L-92乳酸菌」をご存知ですか?
話題の「L-92乳酸菌」とは?
「L-92乳酸菌」がアレルギー症状を改善!?
「L-92乳酸菌」は通年性アレルギー性鼻炎や花粉症、アトピー性皮膚炎などアレルギー症状への有効性が次々と明らかにされています。
アレルギー症状の改善が期待される話題の「L-92乳酸菌」 詳しくはこちら(外部サイト)

冬もアレルギーと上手に付き合いながら、気持ちのいい毎日を過ごしましょう。