carview! PR企画 掲載期間:2017年4月1日〜2018年3月31日 | sponsored by DAIHATSU

Robe・正統派のスポーティなシルエットが魅力

コペンを選ぶうえで最も悩む要素が、3つのボディからなる外装をどれにするか? だ。最初に紹介するのはコペンのベース・デザインになっている「Robe(ローブ)」。ダックテール形状のボディ後端部が高速走行領域でのリアのリフト現象を抑えるなど、空力性能面でもアドバンテージがある。

ライトのデザインにも注目だ。フロントはもちろん、リアのコンビネーションランプに存在感のある縦スリットを入れるなど、独創的な仕上げになっている。夜見たときのローブの存在感は、コンパクトなボディにも関わらずとても高い。

ローブを選ぶ際にはボディカラー選びにこだわりたい。というのも、このデザインは色味によって全く異なるクルマに感じるほどイメージが変わるのだ。スポーティ感を強調したいのであれば、黄色やオレンジもいい。俊敏かつ軽快に走りそうな雰囲気が一層に強まるし、周りに紛れることなく強い存在感が出る。ただ派手な色で目立つのはクールじゃないが、コペンはコンパクトボディ×ハードトップの2シーター・オープンという他にはないシルエットがある。逆にそのクルマを選んだオーナーのセンスの良さやインテリジェンスまでイメージさせてくれるはずだ。

また、ボディサイドのエレガントなエッジラインもローブの魅力だ。このラインが強調されて綺麗に見えるのはシルバー系、特にローブ専用色のリキッドシルバーメタリック。お洒落にオープンエアで街中を走りたいならこの色もお勧めだ。最後にローブはスポーティ感を意識して作られたモデルなだけあり、オプションのBBS製16インチ鍛造アルミホイールを装着したときの雰囲気は抜群だ。