carview! PR企画 掲載期間:2017年4月1日〜2018年3月31日 | sponsored by DAIHATSU

遊び心あるSUVルックのスタイリング

登場以来、そのユニークなキャラクター・ラインナップで人気の「ダイハツ キャスト」。レトロモダンな「キャスト スタイル」、SUVテイストが魅力の「キャスト アクティバ」、走りの「キャスト スポーツ」と3種類の異なるキャラクターが展開されるが、今回まず試したのがアクティバだ。

写真からも分かるように、アクティバはSUVテイストの見た目が特徴となるモデル。フロントとリアにはアンダーガードが施され、サイドにもホイールアーチデザインが施されるほか、ドアにはガード的なパーツが加わるなど、タフな印象を与えている。

さらに、ノーマル(キャスト スタイル)に比べて30mm高い最低地上高も相まって、多少のラフロードもそのまま行けそうな頼もしさを演出してくれている。もちろんタイヤも大径タイプを採用しており、大地をしっかり踏みしめるようなイメージが漂っている。

インテリアも、ボディカラーとのコーディネートが楽しさを感じさせる仕上がりだ。今回選んだボディカラーはブルーだったが、それがダッシュボードなどにも用いられており、国産車にはめずらしい遊び心を感じさせる演出と思えた。シートアレンジも、フロントがフラットになるのは嬉しいところ。これならば車中泊を楽しめるだけの空間も確保できる。