みんなで考え、広げよう!ネット選挙運動
ネット選挙運動 啓発動画コンテスト 優秀作品発表
新藤義孝総務大臣 新藤総務大臣からの動画メッセージ

参加いただいたみなさまへ(外部リンク)

投票者プレゼントの当選者発表(外部リンク)

※受賞作品を視聴いただく際、以下の設定が必要となります。
・パソコンで動画を視聴する場合、最新のAdobe Flash Playerが必要です。Adobe Flash Playerは、Adobe Flash Playerインストールガイドから無料で入手できます。
・Android端末で動画を視聴する場合、再生用アプリの「Hook」が必要です。「Hook」は、Google Playから無料で入手できます。

最優秀賞 <総務大臣賞> ネットから、未来の日本へ。
ネットから、未来の日本へ。
投稿者:初鹿久太さん

[投稿者のコメント]
日本が悪いのではなく、自分が悪い。そう思えるくらい一人一人が日本の未来に向き合える国にしたいと思いました。平成25年4月19日、インターネット選挙運動が解禁され、今まで以上に自分から情報を得られるようになります。受動的でいるのではなく、自分から能動的に情報を得て、自分の頭で考えてきちんと日本の未来のために投票をする。まずは今回の法改正で大きく変化するであろう若者を、大学生の目線で描いていきました。

動画を視聴する
審査員からのコメント

・サイト画像や動画、CGを駆使してネットの役割を正面から伝えた正攻法の作品。
・未来とは? という問いかけに始まり、日本の未来と向き合おうというメッセージにつなぐ展開が見事。情報の整理がよくできている。

総務大臣特別賞
父と僕の距離
父と僕の距離
投稿者:菅原達郎さん

[投稿者のコメント]
ネット選挙運動解禁により、発信された情報を受け取るのは、「ネット世代」である「若者」だけではなく、元々政治に関心の強い世代の比率も高いはずです。「慣れないネット」を使いながらも選挙に向き合う父の背中を見て、息子は刺激を受け、まずは新聞から選挙に向き合おうとします。するといつの間にか「親子の選挙に対する意識の距離」そして、何より「親子関係の距離」が縮まっています。

動画を視聴する
審査員からのコメント

・選挙という親子に共通する話題をデジタルというきっかけでつないで距離を埋めるというドラマ仕立てが巧み。やわらかくて温かく、アマチュアが作ったとは思えない完成度。
・ネット選挙は、世代の壁を壊してくれるということを教えてくれる。

審査員特別賞
甘納豆とネット選挙 動画を視聴する
甘納豆とネット選挙
投稿者:yccoさん

[投稿者のコメント]
「ルールを守ろう」、というメッセージを見た人に親しみやすく伝えられる様にキャラクターを用いて表現しました。日本の昔からの選挙のあり方が変わると言う事で、日本の昔ながらのお菓子、甘納豆をモチーフに動かしやすいキャラクターを作りました。このアニメーションを見た人が、政治そのものや新しい選挙のあり方にすこしでも興味をもってくれれば、と言う思いを込めて制作しました。

審査員からのコメント

・情報の整理、アイデア、表現の品質、いずれも高い水準をもっている。
・必要情報を押しつけがましくなくストーリー性ある進行で見せており、広い層に受け入れてもらえそうな作品。
・甘納豆で表現するというところが、斬新!

ネット選挙CM〜動物会議編〜 動画を視聴する
ネット選挙CM
〜動物会議編〜
投稿者:TDG映像デザイン科「チームnekoさん」さん

[投稿者のコメント]
「ネット選挙」という言葉から、「ネットから投票可能になるのか」と誤った連想をしてしまう有権者が多いと思われるので、そこの混同を防ぐ事を主題とした、なるべく平易な言葉を使用した和み易いCM作りを目指しました。〜キャッチコピー〜『日本の選挙がネットから変わる。』『「ネット選挙」の解禁は「ネット選挙活動」の始まりなんだね。』

審査員からのコメント

・過不足なく必要な情報を吹き出し情報で伝えている。カット割りなども的確で伝えたい情報が明解に伝わる作品。聴覚障害者にもしっかり伝わる優しさと、丁寧さのある作品。
・大事なことが全部勉強できて、しかも癒される映像だから、何回でも観たくなる。


Let's go 選挙 Revolution!! 動画を視聴する
Let's go 選挙 Revolution!!
投稿者:KTspaceさん

[投稿者のコメント]
現代の普通な若者たちが、選挙に興味を持ち、自らの意思で選挙に行くことのイノベーションよりも革命を起こす小さな一歩かもしれませんが…。それがネット選挙活動。

審査員からのコメント

・簡潔でわかりやすい。あれこれ情報を詰め込み過ぎなかったのが成功している。
・若者の日常の会話を切り口にドキュメンタリーのように進行するワンシチュエーションショート。完成度を高く見せない演出手法がリアリティーを持っている。

ねっこせんきょ「ウワサのカレ編」 動画を視聴する
ねっこせんきょ
「ウワサのカレ編」
技術賞
投稿者:HTさん

[投稿者のコメント]
女子猫たちによるネット選挙啓蒙アニメーション! 連載第一話!?

審査員からのコメント

・キャラクターの完成度が高く、エピソードと解説に分かれ説明されており分かりやすい。
・アニメ猫のキャラクターがアニメ好きな層にも共感を持ってもらえそうな作品。
・明るい絵柄でポップに可愛く表現されているからこそ、最後まで観たくなる動画。

審査員紹介
  • 中村伊知哉 中村伊知哉
    現慶應義塾大学大学院
    メディアデザイン研究科教授

    内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会会長、文化庁文化審議会著作権分科会国際小委員会委員などを務める。 

    応募者へのメッセージ - 新藤総務大臣との対談映像 -(外部リンク)
  • 弘兼憲史 弘兼憲史
    漫画家

    1947年、山口県生まれ。1974年に漫画家デビュー。代表作である「島耕作」シリーズは、今年連載30周年を迎えた。ほか『黄昏流星群』など。 

    応募者へのメッセージ - 新藤総務大臣との対談映像 -(外部リンク)
  • 別所哲也 別所哲也
    俳優/「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表

    内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員、横浜市専門委員、映画倫理委員会委員などを務める。 

    応募者へのメッセージ(外部リンク)
  • 中川翔子 中川翔子
    歌手・タレント

    1985年、東京都出身。2002年にミス週刊少年マガジンを受賞し芸能界デビュー。趣味はPCでのイラスト描き、読書、ゲーム、映画など。 

    応募者へのメッセージ - 新藤総務大臣との対談映像 -(外部リンク)
  • 原野守弘 原野守弘
    クリエイティブ
    ディレクター

    ドコモ『森の木琴』を企画・制作。TEDやカンヌ国際広告祭をはじめ受賞多数。内外主要広告賞の審査員を歴任。