住宅評論家、櫻井幸雄氏と巡る
理想の住まいのゆとりと洗練。

『住まう人に寄り添う。』そんなコンセプトのもと設計された「BAUS(バウス)」を訪れるのは、ふたりの子どもを持つ
ファミリーと共働きのご夫婦。それぞれのご家族にとっての理想の住まいを住宅評論家、櫻井幸雄氏とともに探ります。

感動が育つ住まい。BAUS
  • Iさんファミリー

    Iさんファミリー

    夫40歳、妻39歳、お嬢さん4歳、お坊ちゃん1歳。新婚当時に都内に購入したマンションからの買い換えを検討中。今回探しているのは、ゆとりがあって長く住めそうな、飽きの来ない快適な住まい。

    ファミリーがずっと心地良く暮らせる
    ゆとりの住まいとは。

  • Aさんご夫妻

    Aさんご夫妻

    新婚半年。夫31歳、妻30歳。ともに都内のIT企業に勤務。現在は駅近の賃貸マンションに住んでいるが、もっと住み心地のいいマンションを希望。現在は夫婦ふたりだが、将来的には子どもがひとりほしい。

    忙しく働くふたりにぴったりな
    快適な住まいとは。

  • 安藤さんご夫妻

    櫻井幸雄

    住宅ジャーナリスト。わかりやすい解説で定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞で連載コラムを持ち、テレビ朝日「グッド!モーニング」、日本テレビ「ヒルナンデス!」などテレビ出演も多い。近著は「買って得する都心の1LDK」(毎日新聞出版)

住宅ブランド「BAUS (バウス)」

感動が育つ住まいBAUS

日本土地建物から住む人の人生に寄り添い、共に歩みつづけることを目指した
住宅ブランド「BAUS(バウス)」

いつでも心地よく暮らすことができる、多様な住空間を。
安らぎや快適さを提供する、洗練された機能を。
住む人だけでなく地域にも愛され、心から豊かさを感じる場所を。
そして、いつまでも色あせることなく、すべてのライフステージに感動を届け、その価値と魅力を高めて
いきます。住む人のこころに寄り添い続ける。
「感動が育つ住まいを日土地の「BAUS(バウス)」は追求し続けます。

お客様の感動

  • 多様な住空間
    それぞれが思い描く理想の「ライフスタイル」や「ライフステージ」を実現するため、住む人がいつまでも心地よさを感じ続けられる多様な住空間を創造します。
  • 洗練された機能
    日々の暮らしの中で便利さや快週さ、安らぎを感じていただけるような、住まいに求める洗練された機能を追求します。
  • 安心と信頼
    総合不動産会社として60年以上の歴史があり、住まいだけではなく、街づくりも手掛けてきた豊富な経験と実績から高品質で安心していただける住まいを提供します。

公式サイトはこちら

櫻井幸雄が語る、BAUSの魅力

BAUSを手掛ける日本土地建物は、住宅事業や都市開発事業を手掛ける総合不動産会社です。同社は1954年に創業後、1962年から大規模な宅地造成・戸建分譲をはじめ、様々な住まいを提供してきました。その長い歴史で培ってきた「上質な住まい」を実現するノウハウは、BAUSにもしっかりと息づいています。それが顕著に表れているのが「空間の使い方」。世界的に見てマンションのコンパクト化が進む中で、BAUSはまるで一戸建てのように惜しみなく空間を使っています。家族だんらんの場であるリビングにはもちろん、寝室にも十分なゆとりをもたせ、たっぷりとした収納もある。その上、キッチンや洗面所などには最新の設備を採用。上質な暮らしをしっかりと実現します。どこまでいっても「住み心地」を追求するスタンスにブレはありません。その一貫性こそが「BAUSらしさ」と言えるでしょう(櫻井幸雄氏)。

  • バウス本郷三丁目
  • バウス柏

TOPに戻る

本企画のアンケートにご協力ください。

アンケートの回答にはYahoo!クラウドソーシングへの利用登録が必要です。
アンケートは上限件数に達すると自動的に終了いたします。ご了承ください。

掲載期間 : 2018年1月9日~3月8日

特集ページについてのご意見・ご感想をこちらまでお寄せください。