carview! PR企画 掲載期間:2017年4月1日〜2018年3月31日 | sponsored by DAIHATSU

本物感はまずデザインに現れている

ダイヤモンドは、小粒でも堂々と輝く。大粒のイミテーションにはとても出せない本物感で、見る人を惹き付け、身につける人には自信と満足感をくれる。これからはコンパクトカーも、そんなダイヤモンドでなければならないと感じている。

手軽な足グルマでよかった時代は終わり、今はコンパクトカーが何役もこなす時代。男性も女性も、免許取り立てのビギナーからファミリー、目の肥えた熟年世代だって、幅広いユーザーが魅力的なコンパクトカーを求めている。

新しい「ブーン」を初めて見た時に、まず感じたのは小粒のダイヤモンドのような本物感だった。見た目だけじゃなく、内側にもギッシリと、これまでダイハツが培ってきた技術、ノウハウが詰まっていることが滲み出ているような、堂々とした風格さえ感じられた。ダイハツが一から開発したこのブーンが、トヨタに「パッソ」としてOEM供給されているという事実も、信頼性の高さにお墨付きを与えている。

ブーンの本物感は、まずそのデザインに現れている。フレンドリーさを残しつつ、台形フォルムで安定感のある標準のブーンに加え、エレガントさや華やかさがグッとアップして見える「ブーン シルク」もラインナップ。幅広いユーザーの好みに応えられるよう、ダイハツらしく2パターンを作り分けるという凝ったデザインだ。ボディカラーも、ブーン シルクにはブラックルーフの設定があり、カラーバリエーションは計19パターンと多彩だ。