carview! PR企画 掲載期間:2017年4月1日〜2018年3月31日 | sponsored by DAIHATSU

あらゆる部分に走りを感じさせるパーツを装着

キャスト3兄弟で最も尖ったモデルに位置付けられているのが「キャスト スポーツ」だ。スポーツはその名の通り、走りのテイストが存分に感じられるようなモデルに仕立てられている。

まずエクステリアを見ていくと、ベースこそキャスト・シリーズ共通のスッキリとしたデザインながら、 あらゆる部分に走りを感じさせる演出が施されていることに気がつく。

例えばフロントバンパーの下端には、ブラックアウトされたリップスポイラーが与えられるほか、内外装ともにアクセントカラーとなっている赤が配され、ミラーやCピラー、サイドスカートなどにも差し色として入れられている。また、Bi-Angle LEDヘッドランプにLEDフォグランプ、フロントLEDイルミネーションランプを標準装備するなどライト周りも凝っている。

もちろん足元は50扁平のロープロファイルタイヤで引き締められており、躍動感あるデザインの16インチ・アルミホイールが眩しい(※FFモデルの場合)。より走りを求めるオーナーなら、メーカーオプションの16インチハイグリップタイヤ(FFモデルに設定)にグレードアップさせる手もありだ。