carview! PR企画 掲載期間:2019年6月18日〜2019年7月17日 | sponsored by ジャガー・ランドローバー・ジャパン

ワインディングでの走りも圧巻、高い完成度に驚いた

ワインディングでのハンドリングも圧巻だった。バッテリーをフロアに配置したことによって前後重量配分は50:50で低重心(対F-PACEで130mm下がっている)。そしてボディのねじり剛性はジャガー史上最強の36kNm/degを誇るから資質的にもハンドリングマシーンと言えるのだが、パワートレーン同様に感性性能にも優れていた。

コーナーへ向けてステアリングを切り込んでいくと非常に少ないロールで安定した姿勢のままシャープにインへノーズが向いていく。ピッチングも少ないのだが、わずかにフロントが沈み込んでいくことで、フロントタイヤが路面をしっかり掴んでいく感覚となって走りやすく、動きが素直に感じられる。路面の凹凸やアンジュレーションに対する足さばきも見事で最小限の接地変化でワインディングを駆け抜けていく。ペースをあげていっても前後バランスが絶妙で、気持ち良く曲がりながら安定感も抜群。トルクベクタリングバイブレーキも搭載されているが、それのお世話になっている感覚はほとんどなく、基本的なシャシー性能の高さをうかがわせる。

まったく新しい電動車専用プラットフォームで、最初からいきなり完成度が高いのは驚きだ。デジタルシミュレーションによる実車以前の開発を入念に行ったうえで、ニュルブルクリンクでの厳しい走り込みなどを含めて徹底的な実走行テストを敢行してきたからこそだろう。古くからジャガーのシャシー性能には定評があったが、現在でも世界の最先端にいるのだ。