carview! PR企画 掲載期間:2019年5月10日〜2019年6月9日 | sponsored by KINTO

すべて丸ごとワンパッケージの大盤振る舞い!

「月々定額で、いろんなクルマに乗れたらいいな」……あなたはそんな妄想を抱いたことはないだろうか? じつは、それに近い形でクルマ好きの願望を叶えてくれるサービスがある。トヨタ自動車が新たにスタートさせた定額制サービス、「愛車サブスクリプション」こと「KINTO」だ。

最近よく耳にするサブスクリプションとは、月々定額を支払うことでモノやサービスを好きなだけフル活用できる、新しい“所有のカタチ”。動画や音楽の配信サービスが最もポピュラーだが、最近ではランチ食べ放題やYシャツの宅配など、さまざまな分野に広がりを見せている。

そんな風に所有のカタチが多様化している中で、「家の次に高い買い物」と言われるクルマはどうだろう? 高単価なクルマにだって、もう少し気軽さと自由さを合わせ持った、例えばスマホのように頭金不要で月々定額という新しい所有の仕方があったっていいじゃないか!そんな発想を実現させたKINTOは、購入でもなければカーシェアリングでもない、クルマを所有する第三の選択肢として誕生した定額制サービスなのである。

KINTOの支払いは月々定額。頭金は不要だ。月々の支払いには、車両代はもちろん、登録諸費用、税金(自動車取得税、自動車税、重量税)、自動車保険料(自賠責保険、任意保険)、定期メンテナンス、故障修理に掛かる費用が“すべて”含まれている。任意保険が高額になりがちな若年層にとってはメリットがさらに大きくなる。

サービスの申し込みと手続きはすべてオンラインで完了させることが可能。メンテナンスや修理はトヨタ/レクサスの正規販売店が対応してくれる。月々の支払いの中には、点検、油脂類や所定の消耗品の交換、故障修理、代車、ロードサービスの費用が“すべて”含まれている大盤振る舞いだ。