パナソニック

あなたの家は大丈夫? 住まいづくりで忘れがちな防犯・セキュリティー対策

最終更新:2018年2月16日(金)

新築購入や建て替え、リフォームは人生の一大イベント。間取りをどうしようか。どんなインテリアをそろえようか。新しい暮らしに夢が膨らみますよね。住まいづくりというとそうしたワクワクする部分につい目が行きがちですが、実はおろそかにしてはいけないのが「安全面」。日本は安全だと思い込んでいませんか? 住まいづくりの基本は、家族が安心して暮らせる場所をつくることです。この機会に、防犯・セキュリティー対策について一緒に考えてみましょう。

意識していない人が約6割も。住まいの防犯・セキュリティー対策

意識していない人が約6割も。住まいの防犯・セキュリティー対策

Yahoo!特別企画が実施したアンケートによると、新築物件の購入またはリフォームを行ったときに防犯・セキュリティー対策を「全く意識していなかった」「あまり意識していなかった」と回答した方は39.8%、「どちらとも言えない」という方は20.8%にのぼります。つまり、約6割の方が、防犯・セキュリティー対策があいまいだということ。実際、後悔や失敗談も多く、「オートロック付きのマンション生活が長かったため、一軒家での防犯の備えがおろそかになった」「リフォーム後まもなく空き巣に入られた」といった声が寄せられています。皆さんは、「そうはいっても我が家は大丈夫」と油断していませんか?

1日に約107件の侵入窃盗が発生。これでも日本の安全神話は本当?

1日に約107件の侵入窃盗が発生。日本の安全神話は本当?
出典:警察庁「警察庁 すまいる防犯110番」データで見る侵入犯罪の脅威

建物に侵入して金品を盗む侵入窃盗の認知件数は、全国で年間76,477件(2016年)。そのうち住宅への侵入窃盗は39,249件で、1日に約107件も発生していることに。世界的にも安全な国だと言われている日本で、この数字は驚きですよね。とくに、被害を受けた建物の中で一戸建住宅は41.2%も占め、人目のある集合住宅に比べ多くの被害を受けています。侵入の手口は、空き巣(不在中の窃盗)や忍び込み(就寝後の窃盗)、居空き(昼寝や食事中などの窃盗)が半数以上。大切な財産や新居での幸せな暮らしを奪われないためにも、防犯・セキュリティー対策には注意を払いたいところです。

後を絶たない訪問販売トラブル。防犯・セキュリティー機器の設置で対策を

後を絶たない訪問販売トラブル。防犯・セキュリティー機器の設置で対策を
出典:独立行政法人国民生活センター「販売購入形態別の年度別推移及び相談全体に占める割合」

家族の安心を脅かすのは不法侵入だけではありません。国民生活センター「PIO-NET」には、訪問販売に関する相談が年間80,884件(2016年度)も寄せられています。訪問販売を受けた経験者によると、「月に2〜3回勧誘を受けた」が約30%、うち「週に1回以上勧誘を受けた」は約10%も。「断わってもしつこく勧誘された」「夜に訪問された」という困った経験をした方も少なくありません。悪質な訪問販売や空き巣などへの対策として、モニター付インターホンや防犯ガラス・フィルムの設置、歩くと音の出る防犯砂利による牽制などがおすすめです。では実際に、新築物件の購入やリフォームを行った人は、どんな対策をしているのでしょう?

3人に1人が「液晶モニター付きインターホン」や「人感センサーライト」を設置

3人に1人が「液晶モニター付きインターホン」や「人感センサーライト」を設置

新築購入やリフォームの際に、防犯・セキュリティー対策を行った方のほぼ3人に1人が、「液晶モニター付きインターホン」や「人感センサーライト」を設置しています。「液晶モニター付きインターホン」のメリットとして、「相手の姿が見えるので勧誘を断りやすい」「予定にない来訪者には居留守を使える」「怪しい人かどうか判断できる」「子どもが留守番をしているときに安全」といったコメントが寄せられています。とくに、30代、40代の子育て世代の設置が多く、子どもをトラブルから守りたいという家族への想いが感じ取れます。

「ホームセーフティー対策」はじめてみませんか?

防犯・セキュリティー機器は、住まいの安心を確保することはもちろん、普段の生活をより便利にするツールにもなります。たとえば、パナソニックの「外でもドアホン」はスマホを通じて来訪者と受け答えできるので、留守番中の子どもの代わりに宅配便の再配達をお願いしたり、ベランダで洗濯中でも来訪に気づけたり、どこにいても対応できます。

「ホームセーフティー対策」はじめてみませんか?

また、「センサーカメラ/ワイヤレスカメラ」と接続すれば、住まいの気になる場所のチェックも可能。自宅にいてもいなくてもスマホから我が家を見守ることができます。 住まいづくりは、安心づくり。家族のためにホームセーフティー対策の意識を高め、みんながHappyに過ごすための環境を整えましょう。


外でもドアホンの詳細は、パナソニック公式サイトをご覧ください。

外出中でも、スマホで応対。「外でもドアホン」 詳しくはコチラ

(外部サイト)