雲
雲

悩んでいる人を支えよう 支援方法のご紹介

周りにいる人の悩みに気づき、支えるゲートキーパー。相談窓口として悩みを聞き、相談者を支える相談員。
悩んでいる人を支える方法はさまざまです。自分にあった支援の方法を見つけてみませんか。

相談員とは

相談員とは、電話やメール、チャットなどで悩みを抱えている人からの相談を受けつけることが役割で、研修や講座を経てなることができます。「悩んでいる人に寄り添っていきたい」という方は、都道府県ごとに相談員を募集していますのでお住まいの地域の情報をご覧ください。

  • 相談員募集
  • 相談員座談会

相談員募集

相談員募集

悩んでいる人の話に耳を傾け、解決の糸口を一緒に見つけるのが相談員の役割です。
その方法は電話やメール、対面などさまざま。こちらでは全国の自治体のご協力のもと、
相談員の募集情報を掲載していますので、地域名を選択して詳細をご覧ください。

北海道

  • 北海道

    社会福祉法人 北海道いのちの電話

    募集資格
    年齢20歳以上、深夜の時間帯も担当可能な方。
    募集についての説明
    毎年2月頃から募集しており、資格などは一切不要です。詳しい内容はHP相談員募集をご覧ください。
    連絡先(電話)
    011-251-6464
    連絡先(FAX)
    011-221-9095
    URL
    http://www.inochi-tel.com/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 青森県

    特定非営利活動法人(NPO法人) あおもりいのちの電話

    募集資格
    あおもりいのちの電話の相談ボランティアになることを希望する20歳以上の男女(職業、学歴は問いません)。
    募集についての説明
    一定の認定研修の受講が必要です。詳しくは事務局にお問い合わせください。
    連絡先(電話)
    0172-38-4343
    連絡先(FAX)
    0172-38-5355
    連絡先(メール)
    aomori@inochi-a.net
    URL
    http://www.inochi-a.net/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 岩手県

    社会福祉法人 盛岡いのちの電話

    募集資格
    原則として23歳以上の男女。学歴、職業は問いません。
    募集についての説明
    詳細は盛岡いのちの電話のホームページをご覧いただくか、事務局にお問い合わせください。
    連絡先(電話)
    019-652-4162
    URL
    http://www.iwate21.net/mit/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 宮城県

    社会福祉法人 仙台いのちの電話

    募集資格
    22歳以上65歳位までの方。
    募集についての説明
    44期養成講座受講生募集は終了いたしました。45期養成講座は2017年12月頃募集開始の予定です。
    連絡先(電話)
    022-718-4401
    連絡先(FAX)
    022-718-4431
    URL
    http://sendai-inochi.jpn.org/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 秋田県

    特定非営利活動法人(NPO法人) 秋田いのちの電話

    募集資格
    23歳以上の方。
    募集についての説明
    2018年5月相談員養成講座開始。募集等の詳細については事務局にお問い合わせください。
    連絡先(電話)
    018-823-0021
    連絡先(FAX)
    018-823-0021
    URL
    http://akita-inochi.net/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 山形県

    社会福祉法人 山形いのちの電話

    募集資格
    22歳以上68歳までの心身ともに健康な方で、いのちの電話事業に参加・協力できる方(性別・学歴・職業は問いません。)
    募集についての説明
    募集期間は毎年6~8月頃。申込後、養成講座の受講が必要です。詳しくはHP又は事務局へ。
    連絡先(電話)
    023-645-4377
    URL
    http://www.yamagata-ind.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 福島県

    社会福祉法人 福島いのちの電話

    募集資格
    満20歳以上で、相談ボランティアとして奉仕する志を有する方。
    募集についての説明
    受講申込書に応募動機(1200字)及び自分史(2000字~4000字)を添えて郵送
    連絡先(電話)
    024-536-0032
    連絡先(FAX)
    024-536-2800
    連絡先(住所)
    福島市中央郵便局私書箱15号
    URL
    http://www.fukushima-inochi.com
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 茨城県

    社会福祉法人 茨城いのちの電話

    募集資格
    1. 365日24時間受信体制での活動に積極的に参加できる人。
    2. 年齢23歳以上
    3. 所定の研修に必ず参加できる人
    募集についての説明
    2017年度の電話相談員を募集いたします。お問い合わせは,事務局まで。
    ・つくば事務局(平日9時~17時)
    連絡先(電話)
    029-852-8505
    連絡先(FAX)
    029-852-8355
    連絡先(住所)
    〒305-8691
    筑波学園郵便局私書箱60号
    URL
    http://www.iid.or.jp
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 栃木県

    社会福祉法人 栃木いのちの電話

    募集資格
    ・年齢満23歳以上の方 性別は不問。
    募集についての説明
    第34期電話相談員の募集につきましては、ホームページをご参照ください。
    連絡先(電話)
    028-622-7970
    連絡先(FAX)
    028-902-1030
    連絡先(メール)
    tid1999@maple.ocn.ne.jp
    URL
    http://tid1999.sakura.ne.jp
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 群馬県

    社会福祉法人 群馬いのちの電話

    募集資格
    原則として20歳以上68歳までの方。いのちの電話の活動主旨に賛同し、相談員として積極的に活動に参加する意欲のある方。
    募集についての説明
    第26期生募集は終了しています。第27期生は平成30年4月頃募集を開始する予定です。
    連絡先(電話)
    027-221-1880
    連絡先(FAX)
    027-220-5666
    URL
    http://www.g-inochi.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 埼玉県

    社会福祉法人 埼玉いのちの電話

    募集資格
    20歳以上の健康な方で、資格は問いません。
    募集についての説明
    説明会:12月から1月上旬までの間に4回実施予定。
    詳細はホームページをご覧ください。
    連絡先(電話)
    048-645-4322
    (10:00~17:00月~土)
    URL
    http://saitama-id.or.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 千葉県

    社会福祉法人 千葉いのちの電話

    募集資格
    (1)年齢 20歳以上。
    (2)資格・経験不問(*電話相談および各種研修に参加できる心身ともに健康な方)。
    (3)基礎研修講座第Ⅰ~第Ⅳの各課程を原則全出席と宿泊研修に出席できること。
    募集についての説明
    (1)申込締切2017年9月13日
    (2)研修期間2017年10月~2019年3月
    連絡先(電話)
    043-222-4416
    連絡先(FAX)
    043-227-6911
    連絡先(メール)
    ll-chiba@chiba-inochio.jp
    連絡先(住所)
    〒260-0012
    千葉市中央区本町3-1-16CIDビル
    千葉いのちの電話事務局
    URL
    http://www.chiba-inochi.jp
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 東京都

    ※近日中に公開いたします

    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 神奈川県

    社会福祉法人 横浜いのちの電話

    募集資格
    年齢23才から70才未満の方(2018年3月31日 現在)ならどなたでも。
    応募期間 12月~2月上旬。
    詳しくはホームページをご覧ください。
    募集についての説明
    いのちの電話の活動に参加しませんか?
    心の悩みや危機にある人に、電話を通じて寄り添います。
    連絡先(電話)
    045-333-6163
    (9:00~17:00平日)
    連絡先(FAX)
    045-332-5673
    連絡先(住所)
    〒240-8691
    横浜市保土ヶ谷区私書箱32号
    社会福祉法人横浜いのちの電話 事務局
    URL
    http://www.yind.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 新潟県

    社会福祉法人 新潟いのちの電話

    募集資格
    「いのちの電話」の趣旨に賛同し、その活動に積極的に参加できる23歳以上66歳までの人。応募期間12月~2月末。詳しくはホームページをご覧ください。
    募集についての説明
    相談員になるためには、約1年間の養成講座受講が必要です。詳しくは連絡先にお問い合わせください。
    連絡先(電話)
    025-280-5677
    (9:30~18:00平日)
    連絡先(FAX)
    025-280-5677
    連絡先(住所)
    〒950-0994
    新潟市中央区上所2-2-3
    ユニゾンプラザハート館
    URL
    http://www.ni-denwa.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 富山県

    特定非営利活動法人(NPO法人) 富山カウンセリングセンター

    募集資格
    富山県内に居住し、全日本カウンセリング協議会認定カウンセラー3級以上の資格を取得している方、又は同等の資格を有する方。
    募集についての説明
    電話相談員になるには、電話カウンセラー養成講座の受講が必要です。詳細はお問い合わせ願います。
    連絡先(電話)
    076-492-6635
    連絡先(FAX)
    076-492-6635
    連絡先(メール)
    toyama6635counseling@yahoo.co.jp
    連絡先(住所)
    〒939-8094
    富山県富山市大泉本町1-2-3大泉ビル33号
    URL
    http://npo-tcc.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 石川県

    公益社団法人 金沢こころの電話

    募集資格
    ・20歳以上。
    ・養成講座を終了し、相談員として認定後、月2回以上のボランティア活動に参加できる方。
    募集についての説明
    金沢こころの電話では電話相談員養成講座を毎年開講しています。詳細はホームページをご覧ください。
    連絡先(電話)
    076-222-7531
    連絡先(FAX)
    065-222-5352
    連絡先(メール)
    kkd@beach.ocn.ne.jp
    URL
    http://kkd-ishikawa.jp/soudan
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 福井県

    (1)鯖江こころの電話

    募集資格
    18歳以上の方で性別、職業は問いません。
    募集についての説明
    相談員になるためには、1年間の研修受講と面接での適性検査があります。詳しくはお問い合わせください。
    連絡先(電話)
    0776-36-7137

    (2)福井こころの電話

    募集資格
    18歳以上の方で性別、職業は問いません。
    募集についての説明
    相談員になるためには、1年間の研修受講と面接での適性検査があります。詳しくはお問い合わせください。
    連絡先(電話)
    0778-51-0783

    (3)武生こころの電話

    募集資格
    18歳以上の方で性別、職業は問いません。
    募集についての説明
    相談員になるためには、1年間の研修受講と面接での適性検査があります。詳しくはお問い合わせください。
    連絡先(電話)
    0778-21-5783
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 山梨県

    特定非営利活動法人(NPO法人) 山梨いのちの電話

    募集資格
    23歳以上の方。どなたでも応募できますが、1年余の研修を終了して、認定を受ける必要があります。認定された方は、原則として75歳まで活動できます。
    募集についての説明
    いつでも応募できますが、第15期養成講座は10月に開講します。詳細は事務局へ。
    連絡先(電話)
    055-225-1511
    (13:00〜17:00平日)
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 長野県

    社会福祉法人 長野いのちの電話

    募集資格
    20歳以上の方(平成29年10月1日現在)。
    募集についての説明
    研修修了後認定され、月2回の電話相談に入れる方。
    連絡先(電話)
    026-225-1000
    URL
    http://naganolifeline.com/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 岐阜県

    特定非営利活動法人(NPO法人) 岐阜いのちの電話協会

    募集資格
    第1課程・第2課程・第3課程を約1年間。その後、実習6か月。
    年齢:20歳から65歳で講座のほぼ全日程に出席し、「岐阜いのちの電話」の相談活動に出席できる方。
    募集についての説明
    第19期養成講座は平成30年4月開講し翌年2月頃まで研修。その後実習等行い9月頃認定します。
    連絡先(電話)
    058-273-5387
    (平日午前中)
    連絡先(FAX)
    058-273-5387
    連絡先(メール)
    inochi@ktroad.ne.jp
    連絡先(住所)
    〒500-8387
    岐阜藪田簡易郵便局局留
    URL
    http://www.ktroad.ne.jp/~inochi/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 静岡県

    社会福祉法人 静岡いのちの電話

    募集資格
    年齢 23歳~おおむね65才の方。性別・学歴・経験不問。
    募集についての説明
    募集期間 H29年12月初~H30年2月初 1年半の研修後認定
    連絡先(電話)
    054-272-4344
    連絡先(メール)
    fs4344@shizuoka-inochi.jp
    連絡先(住所)
    〒420-8691
    静岡中央郵便局私書箱200号
    URL
    http://www.shizuoka-inochi.jp
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 愛知県

    (1)社会福祉法人 愛知いのちの電話協会

    募集資格
    22歳以上65歳以下の市民、学歴・職業不問、いのちの電話の趣旨に賛同し無償のボランティアとして活動できる方。
    募集についての説明
    1985年に設立以来、24時間365日休まず、いのちの電話相談・インターネット相談などを行っています。一市民として孤独で悩んでいる人に寄り添い支援しようという志を持った方にぜひ相談員に応募していただきたいと思っています。約1年の有料研修を受け認定されて活動していただきます。
    連絡先(電話)
    052-508-8381
    連絡先(メール)
    info@nagoya-inochi.jp
    URL
    http://www.nagoya-inochi.jp/

    (2)認定特定非営利活動法人(NPO法人) ビフレンダーズあいち自殺防止センター

    募集資格
    原則20歳以上で心身共に健康な方で自分を受容し精神的に安定しており、秘密を厳守できる方。
    募集についての説明
    死にたいほどの辛い気持ちに寄り添う電話相談ボランティアを募集。活動時間は金曜20時~23時。
    連絡先(電話)
    090-3836-3061
    連絡先(メール)
    nagoya@spc-aichi.org
    URL
    http://www.befrienders-jpn.org/aichi/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 三重県

    認定特定非営利活動法人(NPO法人) 三重いのちの電話協会

    募集資格
    年齢:20歳以上68歳までの方。
    学歴、職業は問いません。
    相談員認定後、月3回(1回3時間程度)電話相談活動のできる方。
    募集についての説明
    ボランティア電話相談員養成講座
    平成30年4月開講
    募集期間は平成30年2~3月
    連絡先(電話)
    059-213-3975
    連絡先(FAX)
    059-213-3975
    連絡先(住所)
    〒514-8691
    津中央郵便局私書箱25号
    URL
    http://www.jona.or.jp/~mie-inochi/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 滋賀県

    特定非営利活動法人(NPO法人) 滋賀いのちの電話

    募集資格
    原則として20歳以上の男女で、学歴、経験、職業を問いません
    「いのちの電話」の活動趣旨に賛同し、相談員等の活動に積極的に参加していただける方
    夜間・休日の電話担当が可能な方
    活動に関しては、ボランティアとして無償、交通費も自己負担を原則としています
    原則として講座の全日程出席できる人(部分的な受講はできません)
    心身ともに健康な方、書類選考を行う場合があります
    募集についての説明
    滋賀いのちの電話のホームページから申込書をダウンロードしてください。郵送にてご応募して下さい。
    電話・FAX
    077-552-1281
    メール
    sind@gaia.eonet.ne.jp
    住所
    〒525-8799
    草津郵便局 私書箱第10号 特定非営利活動法人(NPO法人) 滋賀いのちの電話
    URL
    http://www.shiga-inotino-denwa.org/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 京都府

    特定非営利活動法人(NPO法人) チャイルドライン京都

    募集資格
    15歳以上(但し中学生を除く。18歳未満は保護者の同意が必要)
    募集についての説明
    18歳までの子どもたちからの電話を聴く受け手募集。養成講座の全過程及びインターン研修参加必要
    連絡先(電話)
    075-585-3038
    連絡先(FAX)
    075-585-3038
    連絡先(メール)
    kyoto.childline@gmail.com
    連絡先(住所)
    京都府京都市山科区御陵久保町52-24 2F
    URL
    (HP)http://childlinekyoto.sakura.ne.jp/wp/
    (ブログ)http://blog.canpan.info/childlinekyoto/
    (Facebook)https://www.facebook.com/childlinekyoto/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 大阪府

    特定非営利活動法人(NPO法人) 国際ビフレンダーズ大阪自殺防止センター

    募集資格
    20歳以上〜70歳未満の心身共に健康で深夜も担当が可能な方。
    募集についての説明
    自殺を考えるほど追いつめられた方の気持ちによりそう電話相談ボランティアを募集しております。
    連絡先(電話)
    06-6260-2155
    連絡先(住所)
    大阪市中央区南船場1-11-9長堀安田ビル9階
    URL
    http://www.spc-osaka.org
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 兵庫県

    一般社団法人兵庫県精神科病院協会

    募集資格
    臨床心理士、精神保健福祉士、看護師等
    募集についての説明
    (1)左記資格のある方、(2)同等程度の方で大学を卒業した方。
    連絡先(電話)
    078-230-1128
    連絡先(FAX)
    078-230-1138
    連絡先(メール)
    hyoseikyo@bird.ocn.ne.jp
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 奈良県

    社会福祉法人 奈良いのちの電話協会

    募集資格
    21歳以上70歳未満の成人で、当協会相談ボランティアとして奉仕する志を持つ方。
    募集についての説明
    講座 平成29年4月〜11月 毎週土曜日 午後2時から
    体験 平成29年12月〜翌年9月 月2回
    連絡先(電話)
    0742-35-0500
    連絡先(FAX)
    0742-35-0533
    連絡先(メール)
    nid@nara-inochi.jp
    連絡先(住所)
    〒631-0816
    奈良市西大寺本町8-27
    URL
    http://www.nara-inochi.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 和歌山県

    特定非営利活動法人(NPO法人) 心のSOSサポートネット和歌山

    募集資格
    こころの安全パトロール隊員養成講座(一般向け)。
    定員50名(先着順)。
    ゲートキーパーに関心のある方ならどなたでも。
    対人援助職の方にもお勧めです。
    募集についての説明
    2017年9月17日(日)13:00~16:30
    ビッグ愛9階会議室A テキスト代1000円
    連絡先(FAX)
    050-3730-2286
    連絡先(メール)
    info@cocosapo.net
    連絡先(住所)
    和歌山市冬野1045番地 和歌山内観研修所内
    URL
    http://cocosapo.net/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 鳥取県

    社会福祉法人 鳥取いのちの電話

    募集資格
    平成6年9月30日までの生まれで、いのちの電話の趣旨に賛同する方。
    募集についての説明
    申込期間/7月1日(土)~9月10日(日)消印有効
    申込方法/郵送
    申込書/問い合わせ先に連絡。またはホームページから印刷もできます。
    連絡先(電話)
    0857-29-6556
    (12:00〜16:00平日)
    連絡先(住所)
    〒680-8691
    鳥取中央郵便局私書箱7号
    URL
    http://www.tottori-inochinodenwa.com
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 島根県

    社会福祉法人 島根いのちの電話

    募集資格
    20歳~70歳で興味のある人は誰でも受講できる。
    募集についての説明
    1課程:9/2~12/16の毎週土曜日(申込期限:8/26まで)、2課程:実践的な講座
    連絡先(電話)
    0852-32-5985
    連絡先(FAX)
    0852-32-5986
    連絡先(メール)
    s-inochi@smile.ocn.ne.jp
    連絡先(住所)
    松江市東津田町1741-3
    URL
    http://shimane-inochi.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 岡山県

    社会福祉法人 岡山いのちの電話協会

    募集資格
    原則23~65歳(応相談)で活動の趣旨に賛同し、積極的に参加できる方。特に深夜帯担当を求めています。1年間養成講座(2万円)受講後、認定を受けて相談員になります。
    募集についての説明
    いのちの電話相談員は「人生を聴くボランティア」です。研修はあなたの人生も豊かにします。
    連絡先(電話)
    086-245-4344
    連絡先(FAX)
    086-245-7743
    連絡先(住所)
    〒700-0972
    岡山市北区上中野1-3-5
    URL
    http://okayama-inochi.jp
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 広島県

    社会福祉法人 広島いのちの電話

    募集資格
    (1)20歳以上で、心身ともに健康な方。
    「いのちの電話」の趣旨に賛同しその活動に参加される方。
    (2)1年と半年間の養成講座を修了し、認定をされた方。
    募集についての説明
    ボランティア活動への熱意と人を理解する柔軟さがあり、募集資格の(1)(2)ともにクリアすること。
    連絡先(電話)
    082-221-3113
    連絡先(FAX)
    082-221-6778
    連絡先(メール)
    hll@go2.enjoy.ne.jp
    連絡先(住所)
    広島県広島市中区八丁堀7-11
    広島YMCA内
    URL
    http://www.enjoy.ne.jp/~hll/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 山口県

    特定非営利活動法人(NPO法人) 山口いのちの電話

    募集資格
    山口県内に在住で日常生活に支障のない範囲で心身が健康な方。
    募集についての説明
    誰にも相談できない孤独、挫折、悩みを抱えている方の声と思いに耳を傾ける無償のボランティアです
    連絡先(電話)
    0836-22-4344
    連絡先(FAX)
    0836-22-4344
    連絡先(メール)
    yamaguchi.inochinodenwa@cocoa.plala.or.jp
    連絡先(住所)
    宇部郵便局私書箱第12号
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 徳島県

    社会福祉法人 徳島県自殺予防協会(いのちの希望)

    募集資格
    「いのちの希望」の相談員ボランティア(電話・対面・メール)を志される方。(所定の講座を修了し、認定を受ける必要があります。)
    募集についての説明
    人は人によって傷つき、人によって癒されます。あなたの「温もり」と「優しさ」をお寄せください。
    連絡先(電話)
    088-652-6171
    連絡先(FAX)
    088-623-9141
    連絡先(メール)
    inochinokibou@kuc.biglobe.ne.jp
    連絡先(住所)
    〒770-0942
    徳島県徳島市昭和町7-40-6
    URL
    http://www.inochinokibou.or.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 香川県

    社会福祉法人 香川いのちの電話協会

    募集資格
    23歳以上の方。
    募集についての説明
    毎年6月頃より養成講座を開始しており、カウンセリングや心理、福祉に関する様々な分野を専門家の先生方から座学で学び、電話の実地訓練も行います。
    連絡先(電話)
    087-861-7065
    連絡先(FAX)
    087-861-4343
    URL
    http://www.kind-kagawa.org/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 愛媛県

    (1)松山自殺防止センター

    募集資格
    原則として満20歳以上で心身共に健康な人
    募集についての説明
    養成講座:6月24日〜12月27日受講料要。詳細は要連絡。
    電話
    089-941-1890
    FAX
    089-941-1890
    メール
    mspc@samba.ocn.ne.jp
    住所
    愛媛県松山市千舟町5丁目6-3
    URL
    http://www.spc-matsuyama.com

    (2)愛媛いのちの電話

    募集資格
    22歳以上68歳以下
    募集についての説明
    講座:毎年10月〜受講料要。詳細は要連絡。
    電話
    089-958-2000
    FAX
    089-958-2014
    メール
    ehime-1111@e-inochi.jp
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 高知県

    認定特定非営利活動法人(NPO法人) 高知いのちの電話協会

    募集資格
    20歳以上の方。1年間の養成講座を受講できる方(受講料25,000円が必要)。
    募集についての説明
    助けと励ましを求める方からの電話を受け、その一人ひとりに寄り添う相談員を養成するための講座。
    (1)高知いのちの電話協会事務局(月曜~金曜 9時~17時)
    (2)高知県 地域福祉部 障害保健福祉課
    連絡先(電話)
    (1)088-824-5002
    (2)088-823-9669
    URL
    http://k-inochi.sakura.ne.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 福岡県

    (1)北九州いのちの電話

    募集資格
    養成講座を受講し認定を受け、ボランティアとして活動ができる人。
    20歳から68歳までの人
    募集についての説明
    応募締切
    9月20日 ※詳細は要確認。
    連絡先(電話)
    093-652-6628
    連絡先(住所)
    〒803-0835
    北九州市小倉北区井堀5-1-3
    URL
    http://www.d3.dion.ne.jp/~k_inoden/

    (2)福岡いのちの電話

    募集資格
    養成講座を受講し認定を受け、ボランティアとして活動ができる人。
    23歳から66歳までの人
    募集についての説明
    応募締切
    8月31日 ※詳細は要確認。
    連絡先(電話)
    092-713-4343
    連絡先(FAX)
    092-721-4343
    連絡先(住所)
    〒810-0073
    福岡市中央区舞鶴2-7-7
    URL
    http://www.f-inochi.org/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 佐賀県

    社会福祉法人 佐賀いのちの電話

    募集資格
    20歳以上。積極的にボランティアとして参加する意志のある方で、所定の研修・電話実習修了後、佐賀いのちの電話相談員の認定を受けた者。
    募集についての説明
    5月開講の公開カウンセリング講座で基礎を学び、9月からの第2課程は電話相談員養成の専門講座。
    連絡先(電話)
    0952-34-4186
    連絡先(FAX)
    0952-34-4166
    連絡先(メール)
    lifeline-1998@star.saganet.ne.jp
    連絡先(住所)
    佐賀北郵便局私書箱4号
    URL
    http://areahot.jp/saga/lifeline-1998/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 長崎県

    社会福祉法人 長崎いのちの電話

    募集資格
    1. いのちの電話の趣旨に賛同し、相談員として積極的に活動に参加する意欲のある方。
    2. 所定の研修を終了し、認定後2週間に1回程度(深夜・早朝を含む)電話相談ボランティアとして活動し、月1回程度の継続研修(約2時間)に出席できる方。
    3. 22歳から68歳までの方(男女は問いません)
    募集についての説明
    前期講座:6月3日~10月31日 実践研修:11月~翌9月 ともに受講料要。詳細はHP参照。
    連絡先(電話)
    095-843-4410
    連絡先(FAX)
    095-844-3600
    連絡先(メール)
    ngsk-inoden@space.ocn.ne.jp
    連絡先(住所)
    〒852-8799
    日本郵便長崎北支店 私書箱45号 長崎いのちの電話 事務局
    URL
    http://ngsk4343.sakura.ne.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 熊本県

    社会福祉法人 熊本いのちの電話

    募集資格
    無償で月2回以上電話相談員をしてくださる23歳以上の方。
    募集についての説明
    電話相談員養成講座(2年)の受講が必須。詳細はお問い合わせください。
    連絡先(電話)
    096-354-4343
    連絡先(FAX)
    096-354-4665
    URL
    http://www.kind-line.org/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 大分県

    社会福祉法人 大分いのちの電話

    募集資格
    20歳以上の方で、「いのちの電話」趣旨に賛同し、積極的に参加される方。
    募集についての説明
    所定の手続き、審査を通り、研修課程を修了して認定を受ける必要あり。※研修受講料が別途必要。
    連絡先(電話)
    097-537-2488
    連絡先(FAX)
    097-537-2492
    連絡先(メール)
    oinoden@lime.ocn.ne.jp
    連絡先(住所)
    〒870-0026
    大分市金池町3丁目1番75号
    URL
    http://oitaind.sakura.ne.jp/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 宮崎県

    国際ビフレンダーズ宮崎自殺防止センター

    募集資格
    心身ともに健康な方で、宮崎自殺防止センターが開催する養成講座に参加可能な方。
    募集についての説明
    日月水金の夜8時から11時まで、夜間電話の相談員を募集してます。
    連絡先(電話)
    0985-77-9111
    連絡先(FAX)
    0985-77-9222
    連絡先(メール)
    miyazaki@befrienders-jpn.org
    URL
    http://www.befrienders-jpn.org/miyazaki/index.php?SupportPage
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 鹿児島県

    (1)特定非営利活動法人(NPO法人) かごしまホームレス生活者支えあう会

    募集資格
    夜回り巡回参加者。
    募集についての説明
    第三金曜日4名前後のチームで22時から市内の主要箇所を巡回します。
    連絡先(電話)
    080-4275-0371
    連絡先(FAX)
    099-800-4845
    連絡先(メール)
    yuisasakagoshima@gmail.com
    連絡先(住所)
    鹿児島市下荒田4丁目30-5-102
    URL
    http://www5.synapse.ne.jp/supporter/synapse-auto-page/

    (2)社会福祉法人 鹿児島いのちの電話協会

    募集資格
    (A)20歳以上で、心身ともに健康な方。
    (B)2年間の養成講座を修了し、認定をされた方。
    募集についての説明
    「いのちの電話」の趣旨に賛同し、活動に参加していただける方。学歴や資格、経験は問いません。
    連絡先(電話)
    099-250-1890
    連絡先(FAX)
    099-259-5245
    連絡先(メール)
    kid-lifeline@mocha.ocn.ne.jp
    連絡先(住所)
    鹿児島市下荒田4丁目30-5-102
    URL
    http://kagoshima-inoden.org/
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)
  • 沖縄県

    社会福祉法人 沖縄いのちの電話

    募集資格
    電話相談員を志す方や自己成長の為のカウンセリングを学びたい23歳以上70歳迄の心身ともに健康な方。
    募集についての説明
    精神的危機に直面し、助けと励ましを求めている声に相談員が電話を通して耳を傾ける電話相談です。
    連絡先(電話)
    098-888-4747
    相談員募集情報の記事はこちら(外部サイト)

相談員座談会~「相談員」になり、「悩みを受け止め」「支えていく」ということ~

全国に窓口があり、悩みを抱えている人からの相談を受け付けている「いのちの電話」。
そこで相談員をされている4名の方に、座談会形式でお話しを伺いました。

参加してくださった相談員のご紹介

  • 社会福祉法人 奈良いのちの電話

    社会福祉法人 奈良いのちの電話

    橋本さん(仮名)70代・女性

    相談員歴:
    25年
    活動内容:
    電話相談、ネット相談、自死遺族支援、子育て支援相談、チャイルドライン
  • 社会福祉法人 栃木いのちの電話

    社会福祉法人 栃木いのちの電話

    大田さん(仮名)70代・女性

    相談員歴:
    32年
    活動内容:
    電話相談、ネット相談、
    自死遺族支援
    所有資格:
    日本カウンセリング学会
    認定カウンセラー
    スーパーバイザー
  • 社会福祉法人 愛媛いのちの電話

    社会福祉法人 愛媛いのちの電話

    吉川さん(仮名)40代・男性

    相談員歴:
    4年
    活動内容:
    電話相談、メール相談
    所有資格:
    認定心理士
  • 社会福祉法人 福島いのちの電話

    社会福祉法人 福島いのちの電話

    三谷さん(仮名)60代・男性

    相談員歴:
    20年
    活動内容:
    電話相談、
    被災者専用フリーダイヤル
  1. Q1相談員になろうと思ったきっかけは何ですか?

    相談員を目指したきっかけも募集を知った場所も人それぞれ。

    橋本さん:
    私は常々、人は思わぬところで、またいろいろな時や場面で、多くの人たちに助けられたり、支えられながら、人と繋がって生きていると思っています。自分の身の回りを見ても、多くの人たちと繋がっているなと感じることがあります。支えられたり支えたり、それが私のボランティア活動を始める原点になっています。若い頃は自閉症児のグループの手伝いなどをしていました。一時期、海外に住んでいたことがありますが、その時、ハンディキャップを持った人が健常者の中に自然に溶け込んで生活しているのを見て、大きなカルチャーショックを受けました。帰国して何か自分に出来るボランティアがないかと探していた時に、電話相談員養成講座の新聞広告が目につきました。これは一つの出会いだと思い、応募して養成研修を受け、今こうして電話相談員を続けています。
    大田さん:
    私も新聞広告を見て応募しました。当時塾をやっていて、生徒だけでなく保護者の方とお話しをする機会も多くありました。そこで、もっと人の話しを聞けるようになりたい、相談をきちんと受けられるようになりたいと思ったのが、電話相談員に応募したきっかけでした。
    座談会風景1
    吉川さん:
    私はコミュニケーションをとるのが苦手で、仕事で上手く話ができるようになりたいと思っていました。そこから心理学に興味が湧き通信制の大学に通うことに。ある講義でいのちの電話が実施する公開講演会を知り、勉強になるならと参加しました。すると「相談員を募集中で、もうすぐ養成講座が始まる」という話を耳にしました。当時は公開講座の後、面接をしてから本格的に研修をするという流れでしたので、一旦公開講座を受けてみようと思いました。講座の中で自殺予防の話が頻繁に出てくるので、相談員になるのが正直怖かったのですが、講座のお世話をされていた先輩相談員が温かい方々で、自分もやれそうだと思えました。
    三谷さん:
    私が相談員になったのは42歳で厄年の時。その年は福島いのちの電話を立ち上げる時期でした。心と体の安定を図りたくてフィジカル面ではフルマラソン、メンタル面で相談員になるための講座に挑戦しようと考えました。公開講座を受けているうちに、だんだんと相談員への関心が大きくなり、いのちの電話の立ち上げプロジェクトにも魅力を感じていました。そして、講座を修了して相談員になりました。今思えば私も大田さんと同じで自分を変えたいと思っていたのかもしれないです。
    橋本さん:
    奈良では、新聞以外にも県内のいろいろな広報誌やWEBサイトに募集案内を出しています。
    大田さん:
    栃木では、WEBサイトに情報を載せていて、そこから応募する人も多いですね。
    吉川さん:
    愛媛の場合は地域の新聞社さんに取材をしていただくことがあり、そのような記事が載った時はいつも反響があり、応募が増えることが多いですね。
  2. Q2相談員になるまでにどのような研修を受けましたか?

    養成研修の期間もカリキュラムも都道府県によって違うが、基礎は同じ。

    座談会風景2
    三谷さん:
    基本的に全国統一的な研修を行っています。連盟を通じた形でほぼ同じレベルの相談員を育成できるよう研修を行っています。
    橋本さん:
    受講科目やカリキュラムはセンターによって異なります。
    三谷さん:
    例えば福島では、研修が3つの課程に分かれています。
    大田さん:
    栃木は、段階にはなっていないですね。内容は同じでも、カリキュラムの組み方が違います。また、期間についてもセンターによって違ってきます。栃木は現在は2年ですね。1年半にしようかという話もあるのですが…。
    三谷さん:
    福島も2年間です。
    橋本さん:
    奈良では、去年から相談員の養成期間を1年半にしました。どのような結果が出るのか見ているところです。
    吉川さん:
    愛媛も1年半ですよ。
    座談会風景3
    三谷さん:
    また、研修は、講座形式の研修だけでなく、宿泊研修をどこの都道府県でも実施しています。実施する時期や内容は違いますが。福島では各課程で1回ずつ実施しています。
    橋本さん:
    奈良では、どのような人と一緒に受講しているのか、まず仲間つくりのために、養成講座が始まってすぐに宿泊研修を実施しています。そして養成が終わる前に、もう一度実施しています。
    大田さん:
    栃木でもタイミングは違いますが2回行っています。
    吉川さん:
    愛媛では1回だけですね。やはりセンターごとにかなり違いがあるのですね。
  3. Q3基礎以外にも、全国で共通のことはありますか?

    毎月のグループ研修。相談員同士の絆が共通。頼もしい先輩のフォローも。

    座談会風景4
    三谷さん:
    毎月行っている、グループ研修が共通です。義務のひとつですが、相談員としての技能を高めたり、相談員同士の絆を深めたりする場にもなっています。
    橋本さん:
    そうですね、全国共通で行っていますね。相談員同士でしか話せないことを話し合う場として、またお互いを知りあう、信頼関係を深める場となっています。
    三谷さん:
    また、「いのちの電話の相談員であること」や、「相談員として相談された内容」は、外では絶対に話せないということが、共通のルールです。家でも話せません。そのため、相談員として何か一人で抱えきれない時は、相談員内で共有し、支え合っています。
    三谷さん:
    相談員の仲間になると、そういった意味では、安心して活動できるのではないかなと思います。とにかく、相談員は面倒見が良いので…。具体的には、福島は基本的には2人体制で、何か困ったことがあった時には、隣でメモでサポート。さらに、非常ベルもありまして、何かの時は、相談員同士で協力をしています。特に、相談員をはじめたばかりの新人が担当の日は、先輩の相談員が何回か手助けしています。
    座談会風景5
    橋本さん:
    相談員同士がお互いにフォローしながらやっているのは、多分どこのセンターでも同じだと思います。奈良では、日直制度というシステムがあり、命の危険性が高い相談電話の時には、日直が、また同じ帯に入っている相談員が、子電話を聴いて相談内容を共有しメモを出すなどして、緊張して対応している相談員をサポートしています。
    三谷さん:
    そうなんですね。あとは、電話を替わることは絶対しないということも、共通ではないでしょうか。相談を受けている途中で、相談員が替わってはいけないということです。やっぱり、同じ相談員が、最初から最後まで担当することの責任と、そこから生まれる信頼がありますからね。
    吉川さん:
    一方で、地域毎の特徴もありますね。
    三谷さん:
    福島では、被災者専用フリーダイヤルがあります。
    橋本さん:
    緊急時に繋がる支援先といった意味でも、地域毎にセンターがある意味かもしれません。こんなこともありました。夫からDVを受けている妊婦が、夫がいない間に相談電話をかけてきたことがありました。夫が戻ってくる前にということで、県の中央子ども家庭センター、警察などと連携して、夜中にその相談者を安全なところに保護したこともあります。素早い連携がワンストップの支援につながった事例でした。
  4. Q4話を聞くときに心掛けていることはありますか?

    さまざまな工夫で電話口の向こうにいる相談者に寄り添っていく。

    橋本さん:
    私は養成講座である講師に言われた「自分のちっぽけな経験は、相談を受ける時には風呂敷に包んで横に置いておきなさい」ということを、ずっと大切にしています。自分の常識は相手にとっては非常識かもしれない。だから相手を受け入れられるようにするには常に白紙の状態で、話を聞くようにしています。
    大田さん:
    私も橋本さんと同じ部分もあるかもしれないです。電話を取る時は相手がどんな人か分からないので、その人のことを理解することに努めています。人はみんな違うから、「あなたのことを分かりたいので、お話しお聞かせくださいね」という気持ちで話をしています。
    座談会風景6
    吉川さん:
    私はまだ相談員としての経験が浅いので、基本に忠実に「傾聴」を心掛けています。あとは、非言語の部分ですかね。言葉以外も電話口の相手には伝わっていると思います。なので、電話をする時の姿勢や机の上は散らかっていないかに気をつけたり、物音を立てないようにしたりと、きちんと話に集中していることが伝わるような環境づくりを心掛けています。
    三谷さん:
    私の場合は、「事象ではなく気持ちに着目する」ことに気をつけています。話を聞いているとどうしても出来事の事実関係に興味を持ってしまいがちなのですが、大切なのは相談者の気持ち。その人がその時どう感じたのか、どんな気持ちになったのかを聞き、その人に寄り添うことを心掛けています。橋本さん・大田さんと同じように、自分の価値観は置いておくことと似ているかもしれないですね。
  5. Q5どのような時にやりがいを感じますか?

    相談者の良い変化と感謝の言葉がモチベーションにつながる。

    座談会風景7
    橋本さん:
    やはりいのちの電話なので、夜中などは特に、「死にたい」「生きているのがつらい」「消えてしまいたい」という方からの相談も多いです。相手が発する「死にたい」という気持ちや辛さを訴えるひと言ひと言に耳を傾けながら、相談者はどんな方なのだろうと想像をめぐらします。続く長い沈黙の中で、この方は今どんな気持ちでおられるのだろうかと息をつめて相手に寄り添います。しばらく時が流れ、やがて静かな少し落ち着いた口調で、「今日は生きてみる」と言われた時は、「あぁよかった。やっていてよかった」と思います。辛い状況におられるけれども、でも何とかその時を乗り越えてほしいと、念ずるような思いで相談者の話を聞いています。
    大田さん:
    似ているかもしれないのですが、最初は沈んだ声で話していた相談者が、いろいろとお話を伺っている間に少しずつ声のトーンが明るくなったと感じられた時はよかったなと。電話を切る前に「これでやっていけそうです」と言ってくれる時も嬉しいですね。
    三谷さん:
    私も大田さんと全く同じですね。「話してよかった」「聞いてもらえて嬉しい」とお言葉をいただいた時には電話を取ってよかったと思います。すごく心に残っている出来事があり、私が電話を取った瞬間に「あ!繋がった!もうこれでスッキリしたよ。」と仰った方がいました。結果的に30分ほどお話ししたのですが、その時は「ここに座っていてよかったなぁ」と嬉しくなりました。
    座談会風景8
    吉川さん:
    私は、「ありがとうございました」や「電話で話せて少し落ち着きました」と言っていただけると、単純に嬉しいですね。三谷さんも仰ってましたが、「自分がここに座っていてよかった」と思います。
  6. Q6相談員の役割とはどんなことだと思いますか?

    身近に相談できる人がいなくても安心して相談できる場。

    座談会風景9
    大田さん:
    誰にも相談する人がいなかったり、身近な人に深刻な悩みを打ち明けたくない人にとって相談しやすい場所であることが役割かなと。あとは、社会的な地位がある方も相談しにくいのかもしれないですね。自分の弱みを見せられない時こそ、いのちの電話を頼って欲しいですね。
    橋本さん:
    そうですね。それに、精神的に辛い思いをしている方は、最初は自分の気持ちを家族に話せても、同じことを何度も聞いてくれなくなる。「いい加減にして」と言われてしまうこともあるようです。その点電話相談は何度でも辛い気持ちを聞いてもらえる、誰かにちょっと話を聴いてもらうことで落ち着ける。そういった方たちの気持ちを吐き出す場というのも電話相談の役割なのかなと思います。
    吉川さん:
    私もお2人の仰る通りだと思います。大きな悩み程、近くの人に相談できなかったりすると思います。身近な人に相談できないことをせっかく電話で話をしてくれているのだから、ちゃんと全部話したいことを話してもらう、残さず聞いてあげることが相談員の役割なのかなと。あと、相談者に寄り添うことですかね。
    座談会風景10
    三谷さん:
    人間は、話すと気持ちが落ち着いたり心が穏やかになったり、笑顔になったりします。でも、電話相談してくる方は、一日誰とも話をしなかった人が多いです。だから私がより良い話相手になる。それが相談員の役割だと思います。自分の考えは置いておいて、傾聴することも役割だと思います。
  7. Q7電話相談の強みを教えてください。

    言葉ではなく心と心でのコミュニケーションも電話相談には必要。

    三谷さん:
    やはり、電話だといつでも、どこでも、誰でもかけられる点が一番の強みではないでしょうか。中には「今、山に来ているんだけど」と話す人もいらっしゃいます。
    大田さん:
    最近ではみなさん携帯電話やスマートフォンをお持ちですしね。私は「寝たきりなので、ベッドから話しています」と電話を受けたことがありますよ。
    橋本さん:
    生の声と声でコミュニケーションできる、繋がれるのが大きなメリットだと思います。
    三谷さん:
    やっぱり、リアルタイムですからね。
    座談会風景11
    橋本さん:
    声を通して心と心も繋がっていくのではないでしょうか。
    三谷さん:
    気持ちを伝達するのに必要なことは10%が言葉、残りの90%は表情など言語以外の部分だと言われています。だから私たちは90%の部分でハンデがあります。だからどうしても電話だけでは状況や表情が分からないのですよね。ただ、その分を補うために心で寄り添うようにしています。
    吉川さん:
    言葉だけでのコミュニケーションとはいえ、相談員側の態度や表情も伝わると思います。
    三谷さん:
    そうですよね。だから、吉川さんのように電話を受ける時の環境づくりをするのは良いですよね。
    橋本さん:
    電話相談では沈黙になることもよくあります。そんな時先程も話しましたように、沈黙の中で相手がどんなことを感じているのだろうか、何を考えておられるのか、場を共有するよう努力しています。なかなか難しいことですが、死にたいと思っている背景や状況はどんなのだろうかだとか、どんな気持ちで電話してこられたのかと。沈黙の後の言葉で、お互いに通じ合っているなと感じる時もあります。
    吉川さん:
    そうですね。相手が黙っていても、一緒に黙って同じ時間を過ごします。そうすると、相談者側からポロポロと言葉が出てくることが多いです。自然に言葉が湧き上がってくると言いますか…。沈黙は沈黙で同じ状況を共有できるので、有意義な時間ですよね。
    大田さん:
    そうですね。相手もゆっくり考えや気持ちを整理しているので、沈黙の時間もとても大事だと思います。
  8. Q8メール相談について教えてください。

    文字のやりとりだからこそ、慎重に熟考することが大切。

    大田さん:
    電話は言葉が流れていくけれど、メールの場合は書かれている言葉をじっくりと検討できることが一番大きな違いだと思います。何か答える時も、電話だと即答ですがメールでは何度も書き直したり見直したりして答えることができます。
    座談会風景12
    吉川さん:
    そうですよね。ただ、メールは書いてあることが全てなので背景や状況は想像するしかないのです。電話だと会話を進めるうちに情報が少しずつ増えていくのですが…。メールは受け取ってからじっくり読み込んでこちらも言葉を選んで文章を考えて、自分で納得した上で返信できることが大きな違いだと思いますね。内容を吟味できることが大きいですね。
    大田さん:
    文字の上限は1000文字ですが、中にはすごく短いものもあったり、改行なしでびっしり書かれたものもあったり。
    吉川さん:
    本当に一言だけのものもありますよね。
    大田さん:
    「死にたい」とだけのメールもありますね。
    吉川さん:
    正直、状況は分からないので「どういう状況か分かりませんが、何があったのでしょうか?」と。できる限りその言葉から状況を読んで、こちらからの返信で少しでも落ち着いてもらえるように、少なくとも悪い気にならないように配慮しながら返信しています。気分が落ち込んでいる方が声を出して電話相談をするのは、かなり大変なことだし勇気がいることだと思います。メール相談は声に出さなくてもいいから、できる方が多いのだと思います。また、若い人はLINEになれているので、メールよりもチャット形式の方が、より気軽に相談できるのではないかと考え、「いのちの電話」では、チャット相談をはじめることになりました。声を出す元気や勇気はないけれど、何らかのキャッチボールをしたい人たちへの間口を広げるという意味でもチャット相談には期待をしています。
    大田さん:
    実は電話相談は40代、50代、30代の順で相談件数が多いです。若い世代に電話というツールがあまり利用されていないことが原因なのかなと。でも、そこをメール相談やチャット相談で補っていければ、若い人の自殺対策に繋がるのかなと考えています。

相談員を目指す方へのメッセージ

  • 橋本さん

    ボランティアを通じて豊かな生き方を。

    多くの人の悩みを聴かせていただくこと、辛い気持ちに寄りそわせていただくこと、また多くのボランティアとの出会いや交流は、考える間口、生きていく選択肢を広げてくれます。自分自身へのこだわりが少なくなっていることも実感しています。電話相談員養成講座を受講されませんか。多くの人たちとの繋がりはあなたを豊かな生き方へと導いてくれると思います。

  • 大田さん

    相談員は世界の広さを実感できる仕事。

    相談員になることで、かなり視野が広がると思います。例えばLGBTの人の話を聞いたりすると、「こういうことが悩みなのか」と知ることができます。自分の価値観だけの狭い世界ではなく、いろいろな立場、状況の人たちと話して理解をしていくことで世界の広さを実感しました。なので、みなさんも是非、私たちの仲間になってもらいたいです。

  • 吉川さん

    相談ブースは自分を見つめ直せる非日常空間。

    相談員になることは自分のためにもなると思います。電話ブースに座っている時は非日常。日常から離れて何かに集中するのはなかなかできないですが、とても大事なことだと思います。相談員としていろいろな人に丁寧に向き合っていくには、自分にも丁寧に向き合う必要があります。だから、自分の癖や生き方を改めて見直す場になります。忙しい方が多いと思いますが、少し時間を見つけて普段とは全然違うことやってみようという感覚でも構わないので、仲間になれたら嬉しいですね。

  • 三谷さん

    相談員研修は人生のシャッフルの場。

    相談員研修には20代の方や政治家を引退した70代の方、目の不自由な方と本当にいろいろな方がいます。立場も年齢も人生経験も違う人たちが集まって、ゼロから相談員を目指す。そんな研修の場を私は人生のシャッフルの場だと思っています。多種多様な考え方を知れるだけでなく、電話相談では自分の感情をコントロールする力もつきます。「自分をもっと知りたい」「感情をコントロールできるようになりたい」方は、相談員研修の受講をおすすめします!

さらに専門的な知識について

新たな国家資格をはじめ、こころの健康問題などに対応する、
さまざまな専門家についてご紹介しています。資格や検定制度には多くの種類がありますので、
より専門的に悩んでいる人を支えたい方は、参考にしてみてください。

専門家の資格取得について(外部サイト)

掲載期間 : 2017年8月28日~9月27日

特集ページについてのご意見・ご感想をこちらまでお寄せください。