それ、熱中症じゃないかも!?気をつけて、夏の血管リスク

夏に注意したい健康リスクというと、熱中症の印象が強いと思いますが、実は、熱中症以外にも怖い健康リスクがあるって、ご存じでしたか?
それは、夏の血管リスク「血栓症」です。暑さにより汗をかくことで血液がドロドロになりやすいため、血栓症になる可能性が高まるのです。

血栓症は「血管事故」とも呼ばれており、突然発症する恐ろしい病気です。血栓症を防ぐためには、正しい知識を持ち、普段から健康でしなやかな血管を保つことを心掛け、対策をとることが重要です。「自分は大丈夫」と思って、油断をしていては危険。今こそ、しっかりと血管リスクに向き合ってみませんか?

熱中症と症状がそっくり。夏の血管リスク「血栓症」とは

血栓症とは、主に脳梗塞や心筋梗塞といった、血管を詰まらせる「血栓」ができる病気を指します。その症状はめまいや失神、頭痛、吐き気、冷や汗、倦怠感などを引き起こす熱中症の症状とよく似ており、「熱中症だと思っていたら、実は血栓症だった」、というケースも少なくないようです。また、脳血栓の発症頻度は、夏が最も多いことが近年の調査で明らかになっています。

脳血栓の季節別発症頻度

このように血栓症が夏場に多い理由としては、「脱水」と「血液のドロドロ状態」が挙げられます。夏場は汗を頻繁にかくことから、血液中の水分が減少して脱水症状を引き起こしやすくなり、その結果、血液はドロドロに……。

そんな血栓症対策のポイントは、ズバリ「水分+塩分補給」。「喉が渇いたら水を飲む」、「汗をかいたら塩を摂る」ことが重要です。水分だけを補給すると、かえって体内の塩分が薄くなり、塩分濃度を正常に保つために尿量ばかりが増えてしまい、余計に水分が失われてしまいますので塩分補給も忘れないように気を付けましょう。

血管が突然詰まる……。血栓症は動脈硬化とも関係していた!?

胸をおさえる中年の男性

血栓症が発症する要因として見逃してはならないのが、動脈硬化との関係です。
血栓は、血管内にできる血のかたまりのことで、動脈硬化の進行によって発生します。
健康な血管は、しなやかで血液をうまく送り出すことができますが、加齢に伴い、血管は硬くなったり詰まったりしてしまいます。

動脈硬化には、血管のしなやかさが失われ「硬く、厚くなるタイプ」と、「狭く、詰まりやすくなるタイプ」の2種類があり、血栓症は、後者のタイプです。「狭く、詰まりやすくなるタイプ」の動脈硬化では、血管内に「プラーク」というコブ状の膨らみができやすくなり、血圧の上昇などによってこのプラークが傷つくことで血管を詰まらせ、脳梗塞や心筋梗塞などの「血管事故」を引き起こすといわれています。

このような「血管事故」を防ぐには、若々しくしなやかな血管を保つことが重要なポイントになります。

左:動脈硬化とは 右:健康な血管と2種類の動脈硬化

日本人の約4人に1人が「血管事故」で亡くなっている

主な死因別死亡数の割合(平成28年)

心筋梗塞や脳卒中などの「血管事故」は、知らず知らずのうちに進行し、ある日突然、発症します。このような「血管事故」は、動脈硬化により引き起こされることが知られています。

厚生労働省「人口動態統計」(平成28年)によると、日本人の約4人に1人が心筋梗塞や脳卒中など血管が詰まったり破れたりすることで起こる「血管事故」で亡くなっています。さらに、死因2位の心疾患と4位の脳血管疾患を合わせた死亡者数は30万人を超えていることからも、動脈硬化によって引き起こされる「血管事故」が多いことが分かります。

いつまでも健やかに生き生きと過ごすために、そして、こうした「血管事故」を予防するためには、しなやかで若々しい血管を保つことが大切です。

「しなやか血管」で、この夏を健康的に。日頃から心掛けたい血管ケア

では、動脈硬化予防に欠かせない「しなやか血管」を保つためには、どうすればよいのでしょうか?
一番の対策は、生活習慣を見直すこと。まずは、「適度な運動」を心掛けましょう。また、夏場でも室内で手軽にできる運動として、血管を若々しく、しなやかに保つためにお薦めしたいのが「ゾンビ体操」です。

カラダの内側からしなやかに、詰まりを防ぐゾンビ体操

出典:「血管・骨・筋肉を強くする!ゾンビ体操」/池谷敏郎・著

ゾンビ体操は、腕を脱力させ、肩を大きく動かしながら足踏みなどを繰り返す体操です。どなたでも手軽にできる運動なので、日々の生活の中で、ぜひ実践してみてください。

また、「しなやか血管」を保つためには、普段から「食事のバランス」に気をつけることも重要です。塩分や糖質、脂質の摂り過ぎ、野菜不足といった偏った食生活には注意しましょう。野菜・海藻・キノコ類は毎食2品以上か、あらゆる料理に少しずつ加える、肉類より魚・大豆の割合を多くしたりすることがポイントになります。

血管のしなやかさの改善に期待の成分、「年齢ペプチド」とは

血管しなやか成分「年齢ペプチド」をご存じですか?「年齢ペプチド」は、血管をしなやかに保つ方法として注目されている成分で、乳酸菌飲料「カルピス」を製造する過程でできる「カルピス酸乳」の生理作用に注目した研究の中で、1992年に発見されました。

8週間摂取し続けることで、血管の柔軟性が改善されることが確認されています。

「年齢ペプチド」による血管柔軟性改善

血管のしなやかさの改善が期待できる「年齢ペプチド」の研究データは、下記のリンク先サイトでもご紹介しています。