手洗い特集

手洗いが大切な理由

手洗いが大切な理由
バイ菌やウイルスの感染を防ぐための基本は、手洗いをすること。 なぜなら、バイ菌やウイルスが付着した手で料理を作ったり、食事をしたり、目や鼻をこすることによって感染が広がるからです。水や石けんを使ってきれいに落とすにはこまめな手洗いが必要になります。そうは言っても、何かする度に水と石けんで手を洗うのは意外と大変なこと。水回りから離れた場所ではなおさらです。そんな時に便利なのがアルコール系の手指洗浄剤。水で洗い流す必要がないので、例えば玄関に置いて、外から帰ったときすぐに手指の除菌をすることもできます。玄関だけではなく、リビング、外出先などでも利用できる手軽さが魅力です。

手指にはバイ菌やウイルスがいっぱい

手指にはバイ菌やウイルスがいっぱい
バイ菌やウイルスの感染でイメージしやすいのは、くしゃみや咳で広がっていくこと。マスクをして、予防したり、広がりを防いだりしている人を多くみかけると思います。もちろん、くしゃみや咳でも感染しますが、意外なことに「手」を介した感染が、一番多いのです。
「鼻をかむ」、「鼻を手でこする」、「くしゃみ・咳を手で覆う」。
この時、ウイルスが手にたくさん付着します。この手で、電車の吊革、手すり、ドアノブに触れると、そこにウイルスが付着。そこを別の人が触れ、その手で鼻や口のまわりを無意識に触れることで感染が起こります。

正しい洗い方

STEP1 石鹸を泡立てよくこする。
STEP2 手の甲にしわを伸ばすようにこする。
STEP3 手のひらに石鹸を泡立て指先爪の間を洗う。
STEP4 指をクロスさせ指の間を十分に洗う。
STEP5 親指と手のひらをねじり洗い。
STEP6 手首を忘れずに洗う。

このようにしっかり手を洗っても水や石けんでは落としきれないバイ菌やウイルスがあると言われています。その場合は、アルコール手指洗浄剤なども利用して、しっかり手の汚れを落としましょう。アルコール手指洗浄剤は、水道等がなく手が洗えない場所でも便利です。携帯できるタイプもあるので、外出先でも用途に合わせて選んでみましょう。

アルコール手指洗浄剤を使うときは
アルコール手指洗浄剤は、配合されたアルコールの効果で除菌を行います。アルコールの濃度によって効果が変わってしまうので、手が濡れている場合はしっかり水気を取ってから使いましょう。手が濡れたまま使うと、アルコール濃度が薄まってしまいます。
家庭など手が洗える場所では、水と石けんの手洗いで汚れを落とし、水気をしっかり拭き取ってからが基本です。
手のひらだけでなく、手の甲や指の間にもしっかりすり込むように使ってください。

ノンエンベロープウイルスってなに?

ノンエンベロープウイルスってなに?
ウイルスはエンベロープ(=油質性の膜)のあるウイルスとないウイルス(=ノンエンベロープウイルス)に分けられます。エンベロープのあるウイルスは、一般的な消毒剤からダメージを受けやすいのに対し、ノンエンベロープウイルスはダメージを受けにくいため、塩素以外の消毒剤が一般的に効きにくいとされています。ただし、pHを酸性にしたアルコール消毒剤であれば除菌効果が期待できるので、ノンエンベロープウイルスの対策には、そのようなものを選んでみましょう。
監修 | 医学博士 五十嵐 祐子

監修医学博士 五十嵐 祐子

帝京大学医学部卒
東京医科大学病院内科学講座入局
当院循環器内科入局
循環器内科講師・循環器内科外来医長にて現在に至る

  • 手ピカジェルプラス

    手ピカジェルプラス

    除菌力アップで
    ノンエンベロープウイルスへの
    効果が期待できる。

    LOHACOにて好評発売中

本企画のアンケートにご協力ください

掲載期間 : 2017年12月8日~2018年2月7日

特集ページについてのご意見・ご感想をこちらまでお寄せください。

PAGETOP