カゴメ

悪玉=体に悪い。は実は間違い!? 知っておきたいコレステロールの本当のこと。

最終更新:2017年10月25日(水)

なんとなくコレステロールが気になるけれど、体調に異変がないからといって、放置していませんか?コレステロールは問題があっても自覚症状がないために、見てみぬフリをしている人も多いかもしれません。しかし、気がつかないうちに健康を脅かされている……なんてことも。そんなことにならないように早めのケアが肝心です。コレステロールの正しい知識を身につけ、上手に付き合っていきませんか?

実は、コレステロールって体に必要なんです。

検査服を着ている男女

2015年の日本人間ドック学会の調べによると、人間ドック受診者の3人に1人がコレステロール値を指摘されています。その割合は、40代で急激に増え、男性は50代でピークに達し、女性は50代でさらに増加する傾向にあります。

だた、このコレステロール、間違った認識を持っている人も多いのです。コレステロールとは、人間の体に存在する脂質のひとつ。なんとなく「コレステロール=悪いもの」と思われがちですが、実は、生命維持に欠かせない成分です。細胞膜を構成する成分であり、脂質を分解する消化液やホルモンの原料となっているのです。

コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあり、その名前がひとり歩きして、「悪玉=体に悪い」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?実は、それぞれに健康を支える役割があり、単純に「悪玉を減らせばいい」というものではありません。

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの役割って?

キャラクター化されたコレステロール

悪玉コレステロールが多すぎると血液中のコレステロールが過剰となり、さまざまなトラブルを引き起こす要因となります。だからといってコレステロールそのものを減らしすぎると、体に悪影響を及ぼします。そこで、悪玉コレステロールが全身に運んだコレステロールのうち、善玉コレステロールが血中の余分なコレステロールを回収するという役割を担っています。すなわち、単純にコレステロールを減らせばいいということではなく、悪玉・善玉のバランスを保つことが大切なのです。

多くの人は「悪玉コレステロールさえ減らせばいい」との思い込みから、脂っこい食事を控えたりして、ケアしたつもりになっているのではないでしょうか。しかし、コレステロール値を正常に保つには、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすバランスが大切です。善玉コレステロールが少ないと、余分なコレステロールが増加した体になってしまい、健康に悪影響を及ぼしてしまいます。コレステロールケアにおいては、盲点となっている「善玉コレステロールを増やすこと」をより意識することこそが、大事なのです。

善玉コレステロールをどうやって増やす?

ジョギングしている男女

一般的に善玉コレステロールを増やすには、適切な運動とバランスのよい食事が大切だと言われています。週に2日以上、1回30分以上の軽い運動をすることは、有効な対策です。

とはいえ、忙しい毎日の中で、運動を続けるのはハードルが高いかもしれません。そんな中、善玉コレステロールを増やすと注目を浴びている成分が、トマトに含まれるリコピンです。血液中の善玉コレステロールを増やす働きがあることがわかっています。

ミネストローネ

リコピンは油に溶けやすい性質があるため、一緒に食べると体内への吸収率がアップします。加熱調理することで吸収率がさらにアップするので、トマトソースやシチュー、スープにして食べるのもよいでしょう。食事の際には、積極的にトマトとオリーブオイルを組み合わせるのがオススメです。でも、食べ過ぎはカロリーや塩分などが心配ですね。

<リコピンを効率よく摂取するコツ>
・油と一緒にとること
・加工すること
・加熱すること

もっと手軽にリコピンを取り入れるには

実は、手軽に継続してリコピンを摂取できるサプリメントがあります。リコピンのサプリでは日本初の機能性表示食品(※2015年8月届出)であるカゴメのリコピン コレステファインは、1日の摂取量目安となっているリコピン15mgを1粒で摂取できます。また、リコピンの吸収力を高めるオリーブオイルも独自配合されているので、リコピンの力を一層引き出してくれます。
カゴメの研究によって、トマトを1日300g、8週間継続して取り続けた結果、血中の善玉コレステロールが増加することが確認できました。リコピンを賢く摂取したい方にはもちろん、サプリなら忙しくて料理が作れない方でも続けられそうですね。1日1粒目安で手軽に摂取できるリコピン コレステファインで、コレステロールをケアしませんか。


リコピン コレステファインのリンクバナー

届出表示/本品にはリコピンが含まれます。
リコピンには血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働きが報告されています。
血中コレステロールが気になる方にお勧めです。
※本品は、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

出典・参考:
厚生労働省(生活習慣病予防のための健康情報サイトe-ヘルスネット)
公益社団法人日本人間ドック学会『2015年「人間ドックの現況」』
カゴメ株式会社