みんなで考え、広げよう!ネット選挙運動 ネット選挙運動啓発動画コンテスト
最優秀賞/審査員特別賞発表! 一次審査通過の8作品はこちら
「できること」「できないこと」  選挙運動用電子メールは候補者と政党だけが送信できます。

ネット選挙解禁でできることできないこと 補足・注意事項 ウェブサイト(HP、ブログ・掲示板、SNS、動画共有サービス等)電子メールアドレス等(返信用フォームのURLやSNSのユーザー名などを含む)の表示義務があります。 送信者は一定の記録の保存義務があります。 電子メール(SMTP方式、電話番号方式)送信者の氏名・名称や電子メールアドレス等、一定の事項の表示義務があります。

詳しくはこちら(総務省のホームページ)
「これは絶対NG」 処罰対象の禁止行為(例)候補者に対して、誹謗中傷をする等、表現の自由を濫用して、選挙の公正を害することがないよう、ネットの適正な利用に努めましょう。
  • 候補者を当選させる、または当選させない目的で、事実に反する氏名、名称または身分の表示をして通信すること。

  • 候補者を当選させない目的で、候補者に関し虚偽の事実を公にし、又はゆがめて公にすること。

  • 候補者のウェブサイトを改ざんする行為

  • 人の名誉を毀損する行為や人を侮辱する行為

  • 未成年者は、インターネットを利用する方法も含め、選挙運動は認められていません。

  • 選挙運動は、公示・告示日から投票日の前日までしかできません。

  • 選挙運動用のメールを転送により頒布することはできません。

  • 選挙運動用のホームページやメール等をプリントアウトし、頒布することはできません。

詳しくはこちら(総務省のホームページ)